メニュー 閉じる

大工さんと一緒に!

太ってても寒いんですね(笑)あっ、こんにちは布施です。

 

今回は先日ネズミの施工に行った際のお話しです。これからは真冬に向けてどんどん寒くなっていきますので、ネズミなどの害獣が家屋に侵入してくるケースが増加します。それに伴い害獣のご相談を頂くことも増えていきます。今回の現場では音がしているお部屋に点検口がなく、大工さんに点検口を作ってもらいそこから作業を行いました。

場所を決めたらまず切る

今回お世話になった大工さんは新潟市南区にあるライフハウス株式会社さんです。

開口したら枠を取付けます

点検口を作る場所の天井の材質によって作成時間は変わってくるとのこと。一般的なボードであれば1時間も掛からずに作れるようです。

完成です!枠も白色で目立ちませんね

いよいよ完成したらここから天井裏に粘着トラップや殺鼠剤を設置します。殺鼠剤は使用方法を間違わなければとても便利ですが、リスクもあります。それは殺鼠剤を喫食したネズミがどこで死ぬか分からないということ。これが意味することは、死骸の回収が出来ない場所で死んだ場合のことです!!

しかし生息数などが増えてしまい、粘着トラップだけでは取り切れない場合などは使用を検討する必要が出てきます。

 

今回の現場で行った施工内容は、煙霧処理(追出し)・侵入口の閉塞・衛生害虫駆除(ダニ等)・清掃(糞尿)・殺菌消臭などを行いました。

これから依頼も増える季節到来です。調査お見積りは無料となっていますのでお気軽にご相談ください。