メニュー 閉じる

天井裏の様子・・・

おはようございます。寒くてもお肉のおかげで元気な布施です!

先日ハクビシン駆除に行った際に天井裏の断熱材の交換に行ってきました。ハクビシンの糞によって汚染された断熱材が悪臭を放ちとても不衛生な状態でした。

糞害で汚染された断熱材

このまま放置しておくと天井にも染みが出て張替えをしなければならないので、出費もかさみ大変ですし、最悪のケースですと糞の重みとハクビシンの重みで天井をぶち破ってしまい、部屋に大量の糞とともにハクビシンが落ちてくることも。過去にそういった事例が数件あります!ですから糞の清掃を行い消毒、断熱材の交換を行う必要があります。

手作業による清掃

ハクビシンだけでなく天井裏を住処にする害獣は全て、こういった糞害や騒音も出るため早期に対処することが肝心です。当然長期間放置していれば、子供も生まれ被害が拡大するなど良いことは一つもありません。

新しい断熱材

これから冬本番に向かうにつれ、害獣の被害は増える傾向にありますので異変を感じたらお気軽にご相談ください。調査・お見積りは無料となっています。